地域別

北海道・東北地方
関東地方
北信越地方
東海地方
近畿地方

銀座カラーとは

 

銀座カラーとは

 

どんな脱毛サロン?

 

銀座カラーとはどんな脱毛サロン? 銀座カラーは全国に30店舗ある脱毛サロンです。さらに世界にも店舗があるということでグローバルな脱毛サロンということが言えそうですね。店舗の分布を見てみると関東と東海、そして関西に多くの店舗があります。残念ながら現在、四国と中国、そして九州沖縄には店舗がありません。
店舗の雰囲気としては20代から30代を中心に多くの方が利用しています。傾向としてはややミュゼやエピレよりも利用者の年齢層が若干高いということが言えます。10代後半からミュゼは利用しているのに対し、20代や30代、さらに40代なども利用しているのが銀座カラーの特徴です。

そして予約の間隔は3ヶ月おきとなっています。毛周期のことを考えてしっかりとした間隔を置くのが銀座カラーのスタイル。ミュゼなどのように2ヶ月おきの脱毛サロンもありますが、十分なら施術効果を感じるには3ヶ月ほど間を空けたほうが良いという考えを銀座カラーは持っています。
予約ですが、希望時間や希望日時があまりにも限定してしまうと予約が取りにくいことがあります。ある程度許容範囲を広げて、予約は取った方が良いでしょう。さすがに21年間も続いているというだけあって、かなり脱毛の施術に関する安心感や丁寧さは目を見張るものがあると思います。

その他の特徴としては脱毛するときに着替える場所はベッドがある個室タイプになっています。他の脱毛サロンでは着替えるところと施術を受けるところが別々になっているタイプがいますが、銀座カラーの場合は着替えから施術まで一貫して、1人の空間をキープすることができるので安心して受けることができるでしょう。

その他の特徴はカウンセリングの時と待合室が同じ場所ということが挙げられます。そのため他の人がいる時にカウンセリングを行うと、ちょっと話が聞かれてしまうというか不安点もありますが、逆にいうと他のお客さんがいるところでカウンセリングをするので、店員が勧誘してくるという危険性が低いのも特徴です。完全な個室だと逆に店員の威圧感がなど気になるところですが、そういった不安要素がないのも銀座カラーのカウンセリングの特徴です。
とはいえ商売ですからキャンペーンの案内程度はあります。そういった部分も多少は覚悟していた方が良いですが、強引なものはないので、そこまで気にする必要はないでしょう。

施術については効果を感じることができますし、痛みというのも一切なかったので良い脱毛サロンだと思っています。銀座カラーが行っている脱毛は光のエネルギーを使った照射タイプですが、IPL脱毛と言われています。かなり肌にやさしいレーザーを使っているので、跡になったり、赤みを生じることもないです。しかも最後にミストの機械を肌に当ててくれるので、より一層、肌にはケアしている脱毛サロンだと思います。
保冷剤を当てるだけの脱毛サロンもあるので、かなり細心のケアを払った施術を行ってくれる脱毛サロンといえるでしょう。